写真:小松島病院イメージ画像

回復期リハビリテーション病棟について

当院の特色

回復期リハビリテーション病棟は、家庭復帰とその日常生活の自立に向け、できるだけ早期に集中的なリハビリテーション医療を行う病棟であり、それにふさわしい環境を整え、多くのスタッフがチームとなり機能回復に取り組んでいます。

共に歩むリハビリ

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの回復期のリハビリテーションを受けられる方を、患者さんではなく、生活者という視点で早期の社会復帰をサポートします。

そのために、医師、歯科医師、リハビリスタッフ、看護師、ケアワーカー、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、医療ソーシャルワーカー等のスタッフがチームとなり、常に患者さんの心と身体の状況を把握しながら、最善のリハビリテーションプログラムを実施。退院後の生活を考慮した食事、着替え、整容、トイレ動作、入浴および歩行などの日常生活動作訓練や外出、料理等の家事訓練を行い、早期自立のお手伝いをします。

また退院後の生活環境をより快適にするために住宅改修等のアドバイスも行なっています。

家庭生活を考えた病棟でのリハビリ

リハビリをする場所は訓練室と思いがちですが、実はそうではありません。一日も早く日常生活が自立するためには、生活の場所である病棟で、患者さんが実際に必要な時間帯に実施していくことが重要です。トイレや浴室までの歩行、階段を使った昇降訓練、また起床・就寝時の着替え訓練などにより家庭生活へのスムーズな移行を可能にします。

起床時から就寝まで患者さんの入院生活を中心に考えた勤務体制

私たちは家庭で最もにぎやかで活動的な時間である食事時間帯を日常生活(ADL)の「ゴールデンタイム」と呼んでいます。

しかし従来の勤務体制では、この最も活動的なはずの朝食・夕食時のゴールデンタイムのケアに十分な職員を配置できませんでした。そこで、私たちは患者さんの起床から就寝までのケアとリハビリを充実させるため、夜勤の職員とは別に、起床から朝食までのケア(モーニングケア)と夕食から就寝までのケア(イブニングケア)に分け、看護師だけでなくケアワーカーや理学療法士、作業療法士も右記のシフト勤務を行なっています。

入院基準

  • 脳血管疾患、脊椎損傷、脳炎、腕神経叢損傷などの発症後または手術後二ヶ月以内
  • 義肢装着訓練を要する状態
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折、又は二枝以上の多発骨折の発症後または手術後二ヶ月以内の患者
  • 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後二ヶ月以内
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後一ヶ月以内
  • 股関節、膝関節の置換術後一ヶ月以内