写真:リハビリテーション大神子病院イメージ画像

回復期リハ病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟は、急性期病院での治療を終えられた方を対象に、医師を中心とした多くの医療専門職(看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、介護士、管理栄養士など)がチームを組んで、早期より集中的なリハビリテーションを行う病棟です。
在宅での生活を想定し、起床から就寝まで日常生活に合わせたリハビリを行い、心身ともに回復した状態で自宅や社会に戻っていただくことを目指しております。

回復期リハビリテーション病棟への入院基準

  1. 脳血管疾患、脊椎損傷・脳炎・腕神経叢損傷などの発症後または手術後2ヶ月以内
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折、又は二肢以上の多発骨折の発症後または手術後2ヶ月以内
  3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2ヶ月以内
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後1ヶ月以内
  5. 股関節又は膝関節の置換術後1ヶ月以内

一日のスケジュールの流れ

起床 ⇒ モーニングケア ⇒ 朝食 ⇒ 回診 ⇒ リハビリ ⇒ 昼食 ⇒ リハビリ ⇒ 検査 ⇒ リハビリ ⇒ 入浴 ⇒ 夕食 ⇒ イブニングケア ⇒ 就寝