写真:小松島病院イメージ画像

病院理念・患者さんの権利

病院理念

『患者さん中心の良質な医療の推進』

基本方針

  • 私たちは患者さんの立場に立ち、一日も早い社会復帰が出来ますよう全力で支援致します。
  • 私たちは安全で質の高いチーム医療を実践し、地域リハビリテーションの核となる開かれた病院を目指します。
  • 私たちは地域の医療機関との連携を密にして、『安心』と『信頼』を得られる病院作りを致します。


患者さんの権利と義務

小松島病院では、患者さん中心の医療を推進するため、次に掲げる権利を保障します。

公平な医療を受ける権利

全ての人が、平等に適切な医療を受ける権利があります。

知る権利

病状や検査結果、診療計画など診療に関わる説明を納得いくまで受ける権利があります。また、診療録開示を受ける権利があります。

自ら判断する権利

十分な説明を受けた後、治療や検査方法を自ら決定する権利があります。

プライバシーが守られる権利

個人情報が適切に管理されプライバシーが守られる権利があります。

療養上の義務

患者さんは、病院と協力して療養の効果をあげるよう、心がけなければなりません。


個人情報の利用目的

当院では、患者さんからご提供いただいた個人情報を以下に例示する患者さんに対する医療・介獲サービスの提供及び医療・介護保険事務などの目的に限定して利用させていただきます。
①当院内部での利用   
・当院が患者さん等に提供する医療サービス        
・医療保険事務・会計等 
・当院において行われるカンファレンス・症例検討            
②.他の事業者等への情報提供
・他の病院、診療所、薬局、介護保険施設等との連携
・他の医療機関からの照会への回答
・診療にあたり外部の医師等の意見・助言を求める場合    
・検体検査業務の委託
・家族等への病状説明
③.医療保険事務等                       
・支払機関へのレセプト提出                
・審査支払機関又は保険者からの照会への回答 
・事業者からの委託を受けて健康診断を行った場合における、事業者への結果通知
④.上記以外の利用目的                   
・医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料  
・当院内部において行われる学生・研修医の実習への協力  
・医療関連の研究会・学会への報告(個人を特定できない情報)